塗装工事の現場レポート

神奈川県横浜市南区 アパート外装工事 屋根・板金塗装

横浜市アパート屋根塗装鉄部塗装

 2021年3月12日

屋根材の画像

神奈川県横浜市の塗装現場にて、今回は屋根の塗装を行いましたので現場レポートをご紹介していきます。既存の屋根材はスレートが葺かれており、この屋根材は劣化すると色褪せやひび割れなどの症状が出てきます。もし、屋根材にひび割れがある場合は、そこから水が入っていき、さらに劣化を早めてしまいますので、塗装前に補修を行っていきます。

屋根塗装は下地処理後、タスペーサーという部材を取り付けます。この部材が出てくる前は縁切りという作業を行っていました。なぜ、このような作業を行うかというと縁切りやタスペーサーを設置しないと、塗料で屋根材がくっついてしまうため、屋根材の内側が密封された状態になってしまいます。

この状態だと通気や水抜けが悪くなるため、雨漏りを引き起こす恐れがありますので、屋根塗装を行う時はタスペーサーを設置して屋根材に隙間をあけていく作業が重要となります。

タスペーサーについてはこちらの「屋根塗装」をご覧ください。

 

屋根材の画像

 

タスペーサー設置後は下塗りをして下地と塗料の密着性を良くさせます。屋根の塗料は基本的に専用のものがありますので、施工マニュアルに沿って塗料の選定や工程を進めていくことが大切です。下塗り後は中塗り、上塗りと塗料を塗り重ねて完了となります。

 

屋根材の画像

 

屋根の塗料は遮熱塗料など機能性を持たせた塗料もありますので、これから屋根塗装を計画されている方は塗料の種類にもこだわってみましょう。

塗料の種類はこちらの「塗料について」をご覧ください。
*mu*

対応エリア

対応エリア

  • 神奈川県
  • 逗子市
  • 葉山町
  • 横須賀市
  • 藤沢市
  • 相模原市
  • 横浜市
  • 川崎市
  • その他