外壁塗装のこだわり!
仕上がりと耐久性に自信あり!
一切妥協無しの塗装工事!

外壁塗装は下地処理が命!

外壁塗装・屋根塗装で一番大切なのは業者選びです

外壁塗装は、吹付塗装の場合を除き、手塗りで三度塗りを基本としています。
また、ただ塗るのではなく、下地処理と塗膜厚にとことんこだわります。
まず、下地処理ですが、一言で壁といっても、雨戸や水切りは鉄でできていることがほとんどですし、外壁も、サイディング、モルタル、木材、コンクリート、ALCパワーボードなど、材質が様々です。
塗装の一番重要項目は家の雨漏りを予防することですから、ひび割れやサイディングの浮きなどの劣化は、補修してからの塗装となります。
また、鉄部はケレン、木部はあく抜きなどを行います。

ヒビ割れの補修

ヒビ割れの補修

ヒビ割れにシーリング材などを充填してヒビを埋めていきます。ヘアークラックなどの細かいひび割れは、塗装で重ね塗りしてカバーしていきます。

鉄部のケレン

鉄部のケレン

ケレンは、サビや汚れ、既存塗膜をはがして、塗料の接着がよくなるよう、表面を荒くする作業で、この処理によって、塗膜の耐久性が大きく変わります。

木部のあく抜き

木部のあく抜き

木部のあく抜きは、非常に手間がかかります。汚れを浮かせて落とす作業に始まり、シミを落とす作業、漂白といくつもの工程に分かれます。

シーリングにもこだわります!驚異の30年耐久『オートンイクシード』

シーリングにもこだわります!驚異の30年耐久『オートンイクシード』

外壁塗装は、吹付塗装の場合を除き、手塗りで三度塗りを基本としています。外壁塗装の際に、必ずついてくるのがこのシーリング(コーキング)工事。シーリングは、外壁材の隙間を埋めるパテのようなもので、家の防水機能を保持するのに非常に重要な役割を果たします。
通常、シーリングは10年程度で痩せたり、硬くなったりして剥がれ落ちることもあります。そうなると、家の防水機能は著しく低下し、雨漏りの原因となります。
だからこそ、当社では、シーリングは打ち直しをオススメしています。打ち増しという方法もありますが、耐久性を考えるなら、打ち直しに勝るものはないのです。皆さん、塗料ばかりにこだわっていませんか?シーリングも非常に重要ですよ。

塗装の塗膜厚を出すためには?

塗装の塗膜厚を出すためには?

外壁塗装において、塗膜厚は非常に重要です。実際に、同じ塗料でも、塗膜厚を十分に確保していなければ、カタログ通りの性能を発揮することはできませんし、耐久性も規定よりも劣ります。
塗膜厚を十分に出すには、まず下塗り。下塗りでたっぷりと塗装し、十分乾燥させてから、中塗り、上塗りと重ねていきます。十分な塗膜厚を出すために、特に下塗りは、ケチらずきっちり塗り込んでいくことが重要なのです。

ここまでやってこその塗料選び

ここまでやってこその塗料選び

外壁塗装を検討される際、塗料を気にされる方は非常に多いです。しかし、「塗る」以外の工程がいかに重要かお分かりいただけましたか?
ここまでやってこそ、初めて塗料の性能が十分に発揮されるというもの。見積もりを取られるなら、当社の話もじっくり聞いてみてください。ほかの塗装屋さんとの違いをきっとお感じ頂けることと思います。

外壁塗装の
施工事例

建物種別
施⼯内容 外壁塗装 付帯部塗装 コーキング打ち替え
使用素材

東京都大田区のM様により外壁塗装工事のご依頼をいただきました。 こちらの建物の外壁はサイディングが張られており、ところどころ雨垂れ跡があって・・・続きを見る

建物種別
施⼯内容
使用素材

この度は工事のご依頼ありがとうございます。神奈川県相模原市のアパートの塗装工事が完了しましたので施工事例をご紹介したいと思います。施工前の状・・・続きを見る

建物種別
施⼯内容 外壁塗装 付帯部塗装 基礎塗装
使用素材 水性パーフェクトトップ(外壁) ファインSi(付帯部) ベースプロテクト(基礎)

施工前の写真でiPadを使ってカラーシュミレーションで色決めをしました。 施主様と一緒にどの色が合うか試したり、私たちのように何百件と家を見・・・続きを見る