塗装工事の現場レポート

東京都町田市 マンション 外壁目地と開口部、ガラリのシーリング打ち

町田市シーリングマンション防水工事

 2022年1月31日

シーリング工事の画像

東京都町田市のマンションにて外壁目地と開口部、ガラリのシーリング打ちを行いました。

シーリング工事は建物の防水の大事な工事になります。

シーリングが劣化していると雨漏りを起こしてしまう恐れがありますので、定期的にメンテナンスしてあげましょう。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「現地見積りについて」をご覧ください。

 

【外壁目地の打ち替え】

シーリング工事の画像

最初に外壁目地の打ち替えをお伝えします。

カッターで既存のシーリングを除去していきます。

上の写真を見ての通り少し変わった形のカッターで、通常のカッターよりも力を加えやすくシーリングが剥がしやすくなります。

 

シーリング工事の画像

シーリングを剥がしたらプライマーを塗布してからシーリングを充填していきます。

シーリングのことをコーキングとも呼びますので、シーリングとコーキングは同じものと覚えておいてください。(細かくいうと正しくは別々のものなのですが、現在では同じものとされています)

 

シーリング工事の画像

最後にヘラで表面を均すときれいに仕上がります。

こちらの現場ではこの後に外壁を塗装しますので、シーリングの上から塗装ができる変性タイプのシーリングを使いました。

今回は外壁の模様やこの後に塗装を行うということもあり、養生をしないでシーリングを打っていますが、サイディングのような柄を損なわせてしまうような外壁はマスキングテープで養生をしてからシーリングを打ちます。

 

養生についてはこちらの「塗装工事の流れ」をご覧ください。

 

【開口部のシーリング打ち】

シーリング工事の画像

次は開口部のシーリング打ちです。

目地と同じように古いシーリングを剥がしていきますが、すべて剥がさずに表面のところだけに留めておきます。

開口部は水が入りやすいところですので、無理にすべて剥がそうとすると不具合を起こす恐れがあります。

奥のシーリングは残し、この上からシーリングを充填していきます。

 

シーリング工事の画像

開口部の枠にシーリングがつかないようにマスキングテープを貼ってからシーリングを充填し、ヘラで表面を均して施工完了です。

 

【ガラリのシーリング打ち】

シーリング工事の画像

続いてガラリのシーリング打ちです。

建物にはガラリの他にもいろいろな部材が取り付けてあります。

外壁に取り付けられている部材は、取り合い部のところに隙間ができるため、シーリングを打って水が入らないようにしてあります。

外壁塗装の時はこういった外壁と部材との取り合い部のシーリングも新しくしてあげましょう。

 

シーリング工事の画像

ガラリのところも無理に奥のところまでシーリングを剥がさずに残しておき、プライマーを塗ってからシーリングを打ちました。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

塗装は建物を維持してくために必要な工事ですが、シーリングのメンテナンスも建物を守っていくために大切です。

工事範囲も重なるメンテナンスですので、塗装をされるときはシーリング工事も一緒に行うことをお勧めします。

 

シーリング工事についてはこちらの「コーキングについて」もご参考にしてください。

 

“mu”

 

横浜市、川崎市で、塗装工事、屋根工事のことなら、株式会社H-makeへお気軽にご相談ください。

横浜市都筑区の外壁塗装・屋根塗装なら塗り替え専門店【株式会社H-make】