塗装工事の現場レポート

神奈川県相模原市中央区アパート 軒天井の下塗り〜上塗り

相模原市アパート上塗り下塗り付帯部塗装

 2021年2月26日

軒天井塗装の画像

神奈川県相模原市の塗装工事の続きを現場レポートします。今回は軒天井の塗装です。軒天井とは屋根の軒出の天井のところで、そこには合板やケイカル板などの材料が張られています。

軒天井に張られている合板やケイカル板は、そこまで厚さのあるものが使われているわけではないので、痛みが出ると強度が低下してしまいます。そのため劣化症状が進行する前に塗装をしてあげることが大切です。

 

 

また、軒天井は湿気がこもりやすいといのも気をつけなければいけないポイントです。軒天井に合板が使われている場合は湿気を吸い込んでしまいますので、合板の表面が剥がれてきたり、腐食してきたりします。また、ケイカル板の場合は腐食はしないものの、やはり湿気の影響で苔やカビが発生する可能性がありますので、こちらも湿気の対策が必要です。

軒天井の湿気対策には、透湿性のある塗料を使うと湿気の影響を抑えることができます。また、苔やカビを抑制する性能を持った塗料を選ぶのもいいでしょう。軒天井の劣化症状がひどくなると張り替えが必要になる可能性があり、二階の軒天井の場合は足場が必要になります。

補修のたびに足場を設置してしまっては費用もかさんでしまうため、できるだけ一度の工事で済ませられることが望ましいです。足場代の節約のためにも塗装工事の際は足場が必要な補修も一緒に行っておきましょう。

塗料にはいろいろな種類がありますので、これから塗装工事を考えている方はどんな塗料があるか確認しておきましょう。詳しくはこちらの「塗料について」をご覧ください。

*mu*

対応エリア

対応エリア

  • 神奈川県
  • 逗子市
  • 葉山町
  • 横須賀市
  • 藤沢市
  • 相模原市
  • 横浜市
  • 川崎市
  • その他