塗装工事の現場レポート

東京都杉並区 A様邸 霧除けと出窓の下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗り

杉並区上塗り下地処理下塗り中塗り付帯部塗装鉄部塗装

 2022年6月30日

東京都杉並区 A様邸 霧除けの下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗り

東京都杉並区のA様邸にて霧除けと出窓の下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗りを行いました。前回の現場レポートは屋根と外壁の塗装作業とお得に塗装をする方法についてお伝えさせていただきました。まだ見ていない方はぜひ下の現場レポートもご覧ください。

 

「現場レポート:東京都杉並区 A様邸 塗装は外壁と屋根のセットがおすすめです!」

 

それでは霧除けと出窓の下地処理から塗装までの作業をお伝えします!

 

出窓の下地処理〜下塗り〜上塗り】

東京都杉並区 A様邸 霧除けの下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗り

出窓の上のところは小さな屋根になっており、ここは板金が張られています。上の写真を見ての通り経年劣化して色褪せていますので、外壁塗装をするときは美観性向上のために一緒に塗装しておきましょう。まずは塗装前にケレンです。ケレンは塗布面を研磨する作業で、塗装の密着性を高める目的があります。

 

ケレンについてはこちらの「鉄部塗装の下地処理「ケレン」の重要性」をご覧ください。

 

東京都杉並区 A様邸 霧除けの下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗り

下地処理が完了したら下塗りです。ローラーで丁寧に塗料を塗っていきます!

東京都杉並区 A様邸 霧除けの下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗り

下塗り後は中塗りと上塗りを行い必要な塗膜厚を確保します。塗膜厚は薄すぎても厚すぎてもいけません。塗料の施工マニュアルには必要な塗膜厚が指示されていますので、規定の塗膜厚になるまで塗料を塗り込んでいきます。塗膜厚が適切でないと施工不良や性能を落としてしまいますので注意が必要です。

 

塗装工事の流れについてはこちらから

 

【霧除けの下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗り】

東京都杉並区 A様邸 霧除けの下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗り

霧除けとは小さな屋根のことで庇とも呼んでいます。もしかすると庇の方が馴染みがある言葉かもしれません。ここも板金を張って仕上げられていますので、塗装していきます。塗布面には汚れや古くなった塗膜が残っていますので、ケレンで除去していきます。

東京都杉並区 A様邸 霧除けの下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗り

下地処理が完了したら出窓と同じように下塗り、中塗り、上塗りと塗装していきます。中塗りと上塗りは同じ上塗り剤を使いますが、中塗りの段階ではまだ下の色が浮き出てきてしまいます。塗装乾燥後、もう一度塗料を塗り重ねることでムラなく美しく仕上げることができます。

東京都杉並区 A様邸 霧除けの下地処理〜下塗り〜中塗り〜上塗り

最後の上塗りです。塗膜に厚みがでてムラがなくなりました!付帯部のところも塗装が古くなっていると見栄えが落ちてしまいます。

また、塗装が古いままでは風雨から守ることができませんから、外壁塗装をするときは付帯部のところも忘れずに塗装しましょう。塗装する場所は見積もりに書かれています。塗り残しがないようによく塗装する場所を確認しておきましょう。

 

見積もりについてはこちらの「外壁塗装・屋根塗装の相場価格」をご覧ください。

 

“mu”

横浜市、川崎市で、塗装工事、屋根工事のことなら、株式会社H-makeへお気軽にご相談ください。

横浜市都筑区の外壁塗装・屋根塗装なら塗り替え専門店【株式会社H-make】