塗装工事の現場レポート

神奈川県座間市 アパート 鉄部と外壁の塗装

座間市アパート上塗り下塗り中塗り付帯部塗装外壁塗装

 2022年4月9日

外壁塗装の画像

神奈川県座間市のアパートにて鉄部と外壁の塗装を行いました。

塗装は全体的に行っておくことが大切です。

古くなっているところが残っていると塗装したところとの違いがでて中途半端な仕上がりになってしまいます。

付帯部は建物によって含まれているところが違いますので、工事を行う時は塗装する場所をよく確認しましょう。

塗装をする場所は見積もりに書かれています。

 

見積もりについてはこちらの「外壁塗装・屋根塗装の相場価格」をご覧ください。

 

それでは外壁と鉄部の塗装作業をお伝えしていきます。

 

【鉄部の塗装】

鉄部の塗装の画像

上の写真は出窓の屋根のところを下塗りしているところです。

ここは鋼板になっていますのでケレンをしてから下塗りをします。

錆がある場合はケレンで除去しておくことが大切です。

ケレンとは研磨作業のことで塗布面に付着する不純物を除去するために行います。

また、平滑にするのも大切な役割です。

鉄部の塗装の画像

次にガラリの塗装です。

ここも鉄部ですから塗装工程は同じで、ケレンをしてから下塗り、中塗り、上塗りと行っていきます。

ガラリとは排気口や給気口に取り付ける部材です。

素材もいろいろな種類があり、ステンレスや樹脂などのものがあります。

今回塗装をしたのは鋼板製になります。

鋼板は経年劣化すると色褪せてきますので、美観性を向上させるためにも塗り残しがないようにしましょう。

 

ケレンについてはこちらの「鉄部塗装の下地処理「ケレン」の重要性」をご覧ください。

 

【外壁塗装 下塗り〜仕上げ塗装】

外壁塗装の画像

外壁は塗装の密着性を高めるために下塗りをします。

下塗りにはシーラーを塗りました。

サイディング外壁だと熱を溜めてしまうため、基本的に弾性塗料は使いません。

フィラーなどの弾性塗料を塗ってしまうと膨れを起こす原因となります。

塗装する素材や状態に合わせて適した材料選定をすることが大切です。

 

塗料についてはこちらから

 

外壁塗装の画像

下塗りが完了したら上塗り剤で塗装していきます。

今回はブラックで仕上げていきます。

塗装をするときは塗料が飛散しますので、塗料がついてしまう場所には養生をしておきます。

養生も工事の品質に関係してくる大切な作業です!

上塗りは2回行います。

回数が塗れていても塗膜厚が足りない場合は、再度塗り重ねる必要があります。

塗膜厚がちゃんと確保されていることで塗料の性能を最大限発揮することができます!

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も工事で行った作業をお伝えしていきますので、楽しみにしていてください!

 

塗装の必要性についてはこちらの「外壁塗装・屋根塗装の必要性」をご覧ください。

 

“mu”

横浜市、川崎市で、塗装工事、屋根工事のことなら、株式会社H-makeへお気軽にご相談ください。

横浜市都筑区の外壁塗装・屋根塗装なら塗り替え専門店【株式会社H-make】