塗装工事の現場レポート

神奈川県横浜市南区 マンション外装工事 東・西側外壁の肌合わせ〜塗装・笠木の下地処理〜塗装

横浜市マンション上塗り下地処理下塗り中塗り外壁塗装

 2021年3月28日

笠木の下地処理の画像

神奈川県横浜市マンション外装工事の続きを現場レポートします。今回は笠木と外壁塗装の作業です。笠木の下地処理では古くなったシーリングをヘラで剥がしました。その後、ペーパーやすりで塗布面を磨いて素地調整を行います。

 

笠木の塗装の画像

 

下地処理後は錆止めを塗ります。笠木はトタンが使われていましたので、こちらの素材は錆をださないために定期的に塗装していく必要があります。軽微な錆ならいいですが、錆が広がり素材の強度を落としてしまうと笠木を新しく取り替える必要が出てきますので注意しましょう。

 

外壁塗装の画像

 

続いて外壁の塗装です。今回は一部の塗装の痛みが進んでおりましたので、一度傷んでいるところの塗装を剥がして新しくパターンを作り直しました。新しくパターンを作ることを「肌合わせ」といい、スプレーガンの吹き付けやローラーを使って既存外壁の模様に合わせてパターンを作ります。

 

外壁塗装の画像

 

外壁塗装の画像

 

下塗り後は中塗りを行い、乾燥後は上塗りをして塗装が完了となります。

 

外壁塗装の画像

 

塗装の回数は一般的に下塗りと中塗り、上塗りの3回です。しかし、大切なのは回数ではなく塗膜の厚さになりますので、適切な塗膜になるまで塗料を塗り重ねることが大切です。塗装はメーカーが指定する施工マニュアルに準じて行うことで、塗料の効果が発揮しますので、これから塗装を考えている方は塗装がどんな工程で進んでいくか押さえておきましょう。

 

塗装工事の工程についてはこちらの「塗装工事の流れ」をご覧ください。

*mu*

対応エリア

対応エリア

  • 神奈川県
  • 逗子市
  • 葉山町
  • 横須賀市
  • 藤沢市
  • 相模原市
  • 横浜市
  • 川崎市
  • その他