外壁塗装・屋根塗装の
施工事例

東京都杉並区 A様邸 屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装 クラック補修

 2022年2月28日

施工内容屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装 クラック補修

東京都杉並区のA様邸にて塗装工事が完了しましたので施工事例をご紹介致します。

今回ご依頼いただいたお家は外壁にクラックが生じており、塗装前に補修が必要な状態でした。

クラックは構造クラックとヘアークラックがあり、損傷の程度によって建物に与える影響も違います。

現場調査をしたところ軽微なクラックでしたので、ここはモルタルで補修しました。

 

クラックについてはこちらの「外壁にひび割れが!クラックはそのままでいい?」をご覧ください。

 

足場設置後は高圧洗浄を行い、下地処理や補修などを行いました。

下地処理は塗装の耐久性を左右する重要な行程です。

付帯部の霧よけや雨樋なども摩耗していましたので、ケレンを念入りに行なって塗装が密着するように下地調整をしました。

 

ケレンについてはこちらの「鉄部塗装の下地処理「ケレン」の重要性」をご覧ください。

 

外壁は既存と類似する色で仕上げております。

モルタル外壁にクラックが生じておりましたので、塗膜にヒビが入らないように下塗りはフィラーを使っております。

下塗り後は中塗りと上塗りをして仕上げました。

下塗り剤のフィラーは伸縮性のある弾性塗料です。

塗膜に厚みがあり、追従性がありますので、クラック補修したところの追従性に欠ける場所に塗布しておくとヒビが入りにくくなります。

 

屋根はセメント瓦でした。

セメントと名前にあるとおり、セメントを原料とする屋根材です。

塗装が劣化しているとセメント瓦は水を吸ってしまい脆くなってしまうため定期的に塗装しておく必要があります。

屋根も高圧洗浄をして汚れを洗い流し、下塗りをしてから上塗りで仕上げます。

 

屋根や外壁は外観の印象を決める大切なところです。

色が変わるだけでも雰囲気はガラッと変わりますので、こだわって色を決めることが大切です。

色選びは当社スタッフもサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

 

カラーシミュレーションについてはこちらから

 

屋根や外壁の他に門塀も塗装しております。

門塀は笠木のところから水が染み込み塗装を下地から浮かせてしまうことがあります。

今回塗装させていただいた門塀はしっかり下地に塗膜が密着していましたので補修をする必要はありませんでした。

下地処理後、下塗りと中塗り、上塗りと塗装して仕上げました。

 

外壁には幕板が取り付けてありましたので、外壁とは違う色で塗装しております。

幕板が良いアクセントとなり、すてきな外観に仕上がりました。

工事後もアフターフォローをさせていただきますので今後ともよろしくお願い致します。

この度は工事のご依頼をいただきまして誠にありがとうございます。

 

アフターフォローについてはこちらから

 

“mu”

横浜市、川崎市で、塗装工事、屋根工事のことなら、株式会社H-makeへお気軽にご相談ください。

横浜市都筑区の外壁塗装・屋根塗装なら塗り替え専門店【株式会社H-make】

その他の
施工事例

建物種別 戸建て
施⼯内容 屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装 ベランダ防水塗装
使用素材

この度は工事のご依頼をいただきまして誠にありがとうございました。 当社のホームページを見てお仕事をご依頼してくださったこと大変に感謝致してお・・・続きを見る

建物種別 戸建て
施⼯内容 外壁塗装 付帯部塗装 ベランダ防水
使用素材

この度は数ある会社の中から当社にお仕事をご依頼いただき誠にありがとうございました。 当社のスタッフや職人の対応にご満足していただけたこと大変・・・続きを見る

建物種別 戸建て
施⼯内容 外壁塗装 付帯部塗装 ベランダ防水
使用素材

この度は工事のご依頼をいただきまして誠にありがとうございました。 仕上がりにご満足していただけたこと大変に嬉しく感じております。 木製の玄関・・・続きを見る