外壁塗装・屋根塗装の
施工事例

神奈川県三浦市 S様邸 屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装

 2022年2月26日

施工内容屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装

神奈川県三浦市のS様邸の工事が完了しました。

今回ご依頼いただいた工事は外壁と屋根、付帯部の塗装です。

施工前は屋根の劣化が進んでおり、コケや汚れが多く付着しておりました。

また、外壁や鉄部、木部のところも塗装が劣化し、破風板は下地が見えてしまっている状態でした。

破風板は木でしたので、塗装が劣化していると水が染み込み腐食してしまいます。

既存に腐食はなく、芯が残っている状態でしたので、補修は必要ありませんでしたが、木部は長期間塗装が劣化したままにしてしまうと水を吸って腐食を起こしてしまいますので注意が必要です。

また、木部の腐食はシロアリを寄せ付ける原因となりますので、なるべく劣化する前に塗装しておくことが大切です。

 

塗装の必要性についてはこちらの「外壁塗装・屋根塗装の必要性」をご覧ください。

 

外壁はサイディングでしたので、塗装と一緒に目地コーキングも新しく打ち替えました。

コーキングはサイディング材の緩衝材と防水の役割があります。

コーキングが古くなると伸縮性が落ちますので、緩衝材としての機能は低下し、ひび割れや破断、浮きなどの劣化症状も出てきて壁内に水が入ってしまいます。

サイディングの下には防水紙がありますので、すぐに雨漏りすることはありませんが、それも長期間水に濡れていると劣化を早めていずれ雨漏りしてしまいます。

雨漏りは建物の性能を著しく落としますので、被害を出さないことが大切です。

 

コーキングについてはこちらから

 

鉄部の霧よけは塗装が古くなっていて色あせていました。

下地の状態が良くありませんでしたので、錆止めを塗ってから上塗りで仕上げました。

また、破風板も同様に下地が傷んでいたためシーラーで下塗りをしてから上塗りをしています。

 

外壁は既存に類似する色で塗装しました。

塗装前はだいぶ色が褪せている状態でしたので、建物の印象は古く見えてしまっていましたが、塗装をしたことで色ツヤが向上し、きれいになりました。

 

屋根はもともと黒いスレートが葺かれていましたが、今回はライトグレーで塗装しております。

屋根の色が変わるだけで外観の雰囲気も違って見えます。

コケや汚れが多く付着しておりましたので、塗装後は屋根がきれいになり、風格のある仕上がりになりました。

 

カラーシミュレーションについてはこちらから

 

塗装をする前は木部や鉄部、屋根の劣化が進んでいたため、下地処理や下塗りを念入りに行っております。

塗装は下地に密着していることが重要ですから、密着性を落とす状態で塗装はできません。

今回は耐久性を高めるために通常よりも下地調整をしておりますので、長く維持していけるかと思います。

工事後もアフターフォローをさせていただきますので、もしなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

この度は工事のご依頼をいただきまして誠にありがとうございました。

 

“mu”

横浜市、川崎市で、塗装工事、屋根工事のことなら、株式会社H-makeへお気軽にご相談ください。

横浜市都筑区の外壁塗装・屋根塗装なら塗り替え専門店【株式会社H-make】

その他の
施工事例

建物種別 戸建て
施⼯内容 屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装 ベランダ防水塗装
使用素材

この度は工事のご依頼をいただきまして誠にありがとうございました。 当社のホームページを見てお仕事をご依頼してくださったこと大変に感謝致してお・・・続きを見る

建物種別 戸建て
施⼯内容 外壁塗装 付帯部塗装 ベランダ防水
使用素材

この度は数ある会社の中から当社にお仕事をご依頼いただき誠にありがとうございました。 当社のスタッフや職人の対応にご満足していただけたこと大変・・・続きを見る

建物種別 戸建て
施⼯内容 外壁塗装 付帯部塗装 ベランダ防水
使用素材

この度は工事のご依頼をいただきまして誠にありがとうございました。 仕上がりにご満足していただけたこと大変に嬉しく感じております。 木製の玄関・・・続きを見る