外壁塗装・屋根塗装の
施工事例

東京都大田区 M様邸 外壁塗装 付帯部塗装

 2021年7月12日

施工内容外壁塗装 付帯部塗装 コーキング打ち替え

東京都大田区のM様により外壁塗装工事のご依頼をいただきました。

こちらの建物の外壁はサイディングが張られており、ところどころ雨垂れ跡があって汚れが目立っていました。

また、塗装の経年劣化も見られ色があせている状態です。

 

塗装は劣化してくると耐汚染性が低下してくるため汚れがつきやすくなります。

塗られている塗料にもよりますが、10年ほど経つと塗装はいろいろな劣化症状が出てきますので、このくらいの年数が経っていましたら塗り替えを検討しましょう。

 

H-makeは無料で建物の診断を行なっております。

詳しくはこちらの「現地見積もりについて」をご覧ください。

 

今回はサイディング外壁ということもあり、目地コーキングの打ち替えも行なっております。

サイディングは外壁材同士が干渉しないように目地を設けて、そこにコーキングを打っています。

コーキングはゴムのように弾力があり、建物の揺れに対して追従性があります。

 

コーキングが劣化するとひび割れや隙間などの劣化症状が出るため、こちらも塗装と一緒に定期的にメンテナンスすることが重要です。

一般的なコーキングは塗装よりも早くに劣化を起こす傾向にあります。

コーキングが劣化すると、そこが水の侵入口となりますので注意しましょう。

 

ご依頼いただいた建物の玄関は既存と同じ色で仕上げましたが、施工前と比べて色つやが戻り見栄えが良くなりました。

塗装が色あせると白くぼやけた色になるため見栄えがどうしても古く見えてきます。

建物の美観性が低下しますので、古いところが残らないように全体的に塗装をしてあげることが大切です。

 

また、門扉は道路に面しているため見栄えは良くしておきたい場所です。

こちらは既存の色よりも少しトーンを落ち着かせた色で仕上げました。

外壁や破風、雨樋などの色は既存に類似する色で今回は仕上げていますが、塗装前と比べて色がはっきりするようになり、建物の存在感が出て美観性が向上しています。

 

塗装は外観をきれいにするだけでなく、防水性や汚れ防止などの役割があり建物を維持していくのに必要なメンテナンスです。

長く住み続けていくためにも塗装は定期的に行なっておくことが大切ですので、塗装が古くなってきたなと感じたらそろそろ外壁の塗り替えをご検討ください。

*mu*

その他の
施工事例

建物種別
施⼯内容 外壁塗装 付帯部塗装 コーキング打ち替え
使用素材

東京都大田区のM様により外壁塗装工事のご依頼をいただきました。 こちらの建物の外壁はサイディングが張られており、ところどころ雨垂れ跡があって・・・続きを見る

建物種別
施⼯内容
使用素材

この度は工事のご依頼ありがとうございます。神奈川県相模原市のアパートの塗装工事が完了しましたので施工事例をご紹介したいと思います。施工前の状・・・続きを見る

建物種別
施⼯内容 外壁塗装 付帯部塗装 基礎塗装
使用素材 水性パーフェクトトップ(外壁) ファインSi(付帯部) ベースプロテクト(基礎)

施工前の写真でiPadを使ってカラーシュミレーションで色決めをしました。 施主様と一緒にどの色が合うか試したり、私たちのように何百件と家を見・・・続きを見る